港区おじさんのつぶやき

「怒り」を表現する言葉をたくさん使おう

投稿日:2022年8月14日 更新日:

とある金融機関にいった時のこと、商談ブースに上の卓上カレンダーが置いてありました。『「怒り」を表現する言葉をたくさん使おう』というキャッチコピーが目に入り「ここ、サラ金だったっけ?」と、一瞬ギョッとしましたが、これはアンガーコントロールの講習で良く目にするものだと思い出しました。(これ、知らない人はびっくりするだろうなぁ…)

『「怒り」を表現する言葉をたくさん使おう』というのはどういう意味かというと、怒りの表現というのは色々な種類があり、強い言葉から弱い言葉まで頭の中にたくさんストックしておくことで、場面に応じた怒りの表現を使い分ける事ができるというものです。こうする事で、自分の怒りの程度を自分自身で認識する事ができ、結果として自分の怒りの感情を制御できるという理屈です。

怒りの言葉を多く持つ人ほど感情的にならず、結果的に相手に対して(威圧感を与えることなく)自身の怒りを伝わりやすくできると言われており、どちらかというと短気なみなオジですが、研修を聞いた時、「確かに切れやすい人ほど、怒り方がワンパターンだ(語彙力少ねぇ)な」と妙に納得したものです。

・むかつく

・腹立つ、頭にくる

・心外だ

・失礼極まりない

・遺憾だ

・怒髪冠を衝く

・馬鹿げている

・理解できない

・ウザイ

・イラつく

古めかしい言い方、感情的な言葉、フォーマルな物言い、砕けた言い方、オブラートに包んだような曖昧な表現、怒りというより諦観が滲んだもの、最後の「ウザイ」の様に何にでも使えるが、結局のところ何も表していないような言葉もあり、羅列してみると怒り系のワードはバラエティに富んでいるなと感じました。(そういえば、既に死語かも知れないけど「激おこ」なんて言葉もあったなぁ。)

「ヤバイ」とかむかつくとかどんな場面でも使える言葉を多用していると、語彙力が低下して、いざという時にきちんとした(効果的な)言葉を選べなくなってしまいます。特に怒りや悲しみを表現する時は、特に相手の受け取り方まで考える必要があり、果たして自分はきちんとこれらの言葉を使い分けできているか、心情に合った言葉をチョイスしているのだろうかと、ふと思い返すきっかけとなった出来事でした。

アドセンスブログ用

スポンサーリンク



アドセンスブログ用

スポンサーリンク



-港区おじさんのつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金が貯まる財布

吾輩はケチである~金持ちほど節約家である~(前篇)

“吾輩はケチである、浪費はイヤじゃない?”  これは、みなオジが尊敬してやまない起業家の言葉である。もちろん起業家というだけあって、行動力があってかつ野心も持っている。これだけ聞くと、さぞプライベート …

弱者保護

生活困窮者への差別的発言

「メンタリスト」を名乗るYouTuberが、ホームレスなどの生活困窮者に対して差別的発言をして、炎上しているというニュースが話題になっています。具体的には、「彼らが死んでも(別に自分は)困らない」「彼 …

司法書士のバッジ

個人情報保護法について~法律論ではなく概念的に説明してみた

 個人情報の取扱いは司法書士としても登記や財産管理業務を行う上で切っても切れない重要な問題です。今回は平成29年5月全面施行した個人情報保護法(正式名称「個人情報の保護に関する法律」)について説明しよ …

親の援助が子供の未来を奪う

「パラサイト破産」という言葉をご存知ですか?これは、高齢親が子どもへ経済援助を続けることで貯金を使い果たしてしまい、破産状態に陥ってしまうこと。高齢者の貧困が深刻化している昨今、見逃すことができない社 …

失敗するなら若い内

皆さんは失敗してますか?巷では日本は失敗できない国、失敗を許容できない風土があるといわれています。 私も過去のブログで新卒時の会社選びは絶対にしくじるな!といった記憶もありますが、自分自身は失敗したと …

みなオジアバター

港区オジさん(みなオジ)です。
長い極貧オジさん生活を経て、いつの間にか小金持ちのアーリーリタイアオジさんにクラスチェンジしました!
投資家と司法書士の肩書を有する一方、妻の尻に敷かれるちょい駄目オジさんの異名も持つ。