司法書士 港区おじさんのつぶやき

親の援助が子供の未来を奪う

投稿日:

「パラサイト破産」という言葉をご存知ですか?これは、高齢親が子どもへ経済援助を続けることで貯金を使い果たしてしまい、破産状態に陥ってしまうこと。

高齢者の貧困が深刻化している昨今、見逃すことができない社会現象となっています。子どもたちが経済的に自立できない理由はさまざまです。

不景気や急なリストラ、病気やケガなどの不可抗力によるものもありますが、中には「それってどうなの?」というようなパラサイトっぷりを発揮している子どもの話もチラホラ……。

引用元:Woman excite 2017年8月14日 「一生スネかじり!? 親を“パラサイト破産”に陥れる子の特徴と対処法」

司法書士として後見の現場を覗くと、こういう親子の成れの果てが貧困の果てに虐待やネグレクトを起こしている。

多くは就職氷河期の「5080予備軍」で、みなオジ自身他人事ではないと思っているのであまり多くは語らないが、これ以上、こういった社会問題を生み出さない為にも一言。

親からの過ぎたる援助は、子供にとっては麻薬と同じ。努力せずに得られたり、実力にそぐわない生活を覚えると人は堕落する。結果、被援助者のつまらないプライドのみを肥大させる。

どうしても援助したいなら、必要最低限の量を、目標を定めて(つまり、使途を定めないお小遣いはNG)援助する事。

老子曰く、『授人以魚 不如授人以漁』

ハッキリ言って魚を与える方が簡単です。

他人であればそういう援助の仕方もアリですが、身内、特に子供に対してはあまりにも近視眼的で無責任と断言します。

アドセンスブログ用

スポンサーリンク



アドセンスブログ用

スポンサーリンク



-司法書士, 港区おじさんのつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金が貯まる財布

吾輩はケチである~金持ちほど節約家である~(後篇)

前編では、私が尊敬する実業家が語る蓄財論を紹介した。後編は自分の人生を振り返って、これらがどの程度できていたかを振り返ってみることにする。他でも述べたが、みなオジの人生は序盤結構しょっぱい内容だったの …

マンションの夜景

マンションカーストは都市伝説か?~格差社会を考える

マンションカーストとは、湾岸マンションブームを皮切りに色々なブログで取り上げられ、ドラマも放映されたことからも、トレンドワードになりました。様々な体験談がニュースやブログでも掲載されていますね。(噂の …

コンプライアンスと向き合うハゲ

司法書士のコンプライアンス~これも不毛な争いか?

問題となった、大阪司法書士会のポスター「遺言で不毛な争いをなくそう」 「司法書士」は、世間では一般的に「法律専門家」として認知されていますので、通常人よりは「コンプライアンス意識」が高いとされています …

司法書士+広告=過払い金?

今回は司法書士と言えば広告?という事で広告について書いていきます。広告って業界ごとの特徴がよく表れていて見ていて非常に楽しいものです。みなオジも広告宣伝の法的アドバイザリーを行っていて、多少知見を有し …

弱者保護

民法改正に振り回される不動産投資家たち(住宅ローンと賃貸経営)

不動産賃貸経営で一番の関門になることが多いので、このブログでも過去トピックで退去時のトラブルを「東京ルール」などを適示しながら説明しました。今回は民法改正に絡めて不動産オーナーはどのように法改正に対応 …

みなオジアバター

港区オジさん(みなオジ)です。
長い極貧オジさん生活を経て、いつの間にか小金持ちのアーリーリタイアオジさんにクラスチェンジしました!
投資家と司法書士の肩書を有する一方、妻の尻に敷かれるちょい駄目オジさんの異名も持つ。