ロレックス

ロレックスの魅力~デイトナとか色々と

投稿日:2021年5月7日 更新日:

これがキングオブロレックス、デイトナ

前回、ロレックスマラソンをして、モノは違えど人気プロフェッショナルモデルであるエクスプローラーⅡを手にすることが出来ました。マラソンと同じ中毒的魔力を持つのか、完走後もその魅力に取りつかれ、新たなレアモデルに調整んしたいという気持ちが芽生えました。みな嫁との対談(その様子は→コチラ)でその旨伝えた時は、若干呆れられましたが、以前と頻度は抑えながらゆるーくやっていこうかなと考えています。

ちなみに、エクⅡを購入した代償として現在みなオジは購入制限に掛かってしまっているので、ターゲットについては大幅に方針転換をしなければなりません。そこで、今回は①次に購入したいロレックスのモデル(購入制限中でも買えるモデル)、②元所有者が語るデイトナの魅力、再び購入するならこのデイトナ③プレミア化しているのはロレックスだけじゃない、他ブランドのモンスターモデル(パテック・フィリップ編)の3本でお送りします。

次に購入したいロレックスのモデル

今年めでたく「エクスプローラーⅡ」を手にしましたが、その代償として「制限購入」になってしまいました。購入制限についての説明は以下のとおり。

ロレックスは2019年11月より一部のプロフェッショナルモデルを対象に販売規制を実施しています。購入制限モデルを購入した人は、同一型番(色違い含む)の場合には5年間購入できず、その他の購入制限モデルは1年間購入できないというものです。

対象のモデルは以下の通りです。購入時に得たデータは日本中の正規店で共有されるので、購入制限対象者は全国に指名手配という感覚ですね。ちなみに、スタッフさんに確認したところ、同居の家族はその対象に含まれないとの事ですが、10歳の子供とかでもいいのでしょうか?

コレクション品番(REF.)素材仕様
コスモグラフ
デイトナ
116500LNオイスタースチールホワイト/ブラックダイアル
シードゥエラー126600オイスタースチールブラックダイアル
ロレックス
ディープシー
126660オイスタースチールブラック/D-ブルーダイアル
サブマリーナー114060/124060(現行)オイスタースチールブラックダイアル
サブマリーナー
デイト
116610LN
126610LN(現行)
オイスタースチールブラックダイアル・ブラックベゼル
サブマリーナー
デイト
116610LV
126610LV(現行)
オイスタースチールグリーンダイアル・グリーンベゼル
ブラックベゼル・グリーンベゼル
GMTマスターII126710BLNRオイスタースチールブラックダイアル、ブルー&ブラックベゼル
 GMTマスターII126710BLROオイスタースチールブラックダイアル、ブルー&レッドベゼル
エクスプローラー214270オイスタースチールブラックダイアル
エクスプローラーII216570オイスタースチールホワイト/ブラックダイアル
指定モデルは予告、通告なく、不定期に変更になる場合がございます。
購入後に指定モデルが追加になった場合も、あくまで本同意書に署名した時点での指定モデルが適用されます。
ただし、指定モデルがモデルチェンジとなった場合は、自動的に後継モデルに移行し適用されます。
ロレックス デイトナ116500LN 白
コスモグラフ
デイトナ
(ホワイトダイアル)

ロレックス デイトナ116500LN 黒
コスモグラフ
デイトナ
(ブラックダイアル)
ロレックス GMTマスター126710BLRO
GMTマスターII
(ブルー&レッドベゼル)

ロレックス GMTマスター116710BLNR
GMTマスターII
(ブルー&ブラックベゼル)

画像は購入制限モデルの一部ですが、デイトナがぶっちぎりで人気があるそうです。スタッフさんの話では、在庫問合せのほとんどがデイトナという事です。GMTマスターも超人気のモデルですね。ちなみに「GMT」とは、「Greenwich Mean Time(世界標準時)」を意味します。(昔、学校で習った「グリニッジ天文台」です。)GMT針や回転ベゼルを使って第2、3の時間を表示できるので、海外出張の多いビジネスマンや航空会社に勤務する人が愛用するモデルです。

60回払いまで無金利 ロレックス シードゥエラー 126600 クラウン無し 中古 メンズ 腕時計|ginzarasin
シードゥエラー
ロレックス サブマリーナ114060
サブマリーナー
ロレックス サブマリーナ116610LV
サブマリーナー
(グリーンサブ)
ロレックス シードゥエラー126660 Dブルー
ディープシー
(Dブルー)

ロレックス サブマリーナ116610LN
サブマリーナー
デイト

上記のモデルは、いわゆる「海系」のロレックスです。これも夏は定番のモデルなのですが、いかんせん黒の3モデルは違いが分かりにくい…一応防水性能が違うのですが、サブマリーナが300m防水に対してシードゥエラーは何と1,220m防水。そこまで潜るか?そんな無粋な質問はしないでいただきたい。というか、その程度で驚かれても困る。シードゥエラーのハイエンドモデルともいえるディープシーは何と驚愕の3,900m防水なのです。そういえば、潜水ギネス記録って332mじゃなかったっけ…

左腕に巻いているのが、青サブ
(松山選手、いいセンスしてるぜ!!)

ちなみに、デイトナの青文字盤のコンビモデルは「青サブ」と言われ、これもまた非常に人気のあるモデルですが、先日のマスターズ(ゴルフ)で日本人で初の偉業を成し遂げた松山選手が表彰式で身に付けていたのも「ロレックスサブマリーナデイト(Ref.116613LB)でしたね。(これは、コンビモデルなので、購入制限は掛からないモデルです。)

サブマリーナデイト 116613LB [オイスターブレスレット ブルー つや有り] の製品画像
ロレックスサブマリーナデデイト(Ref.116613LB)

残念ながら、みなオジは1年間はこれらのモデルを購入する事が出来ません。しかし、ロレックスの人気モデルはこれだけではありません。個人的にはむしろ購入制限モデル以外にも人気モデルは存在します。所詮、購入制限モデルは転売防止のために換金率の高い(つまり儲けやすい)元値の安いモデルのリストと言え、純粋なデザインの良さや機能性ではこれらの制限モデルを遙かに凌駕するモデルがあるのです。

購入制限中に購入したいロレックス

ここでは、購入制限中のみなオジがお勧めするモデルを紹介しましょう。まず、上記リストを見てわかる通り、購入制限対象モデルはオイスタースチール(オールステンレスモデル)です。これらは、素材的にロレックスの中でも安い部類のモデルになります。しかし、ロレックスの真価は金無垢モデルやコンビモデル(例えば、ステンレスとゴールドの組み合わせ)にあると言っていいでしょう。ここで、お勧めしたいのは、デイトナのコンビモデル金無垢モデルです。美しさを語るより、画像を見た方が伝わるでしょう。

ROLEX ロレックス デイトナ コンビ 116503G
デイトナ コンビ (116503G) 定価2,053,700円(税込)
Gというのはダイヤモンドが文字盤等に入ったモデル

どうですか?気品があって大人の男にぴったりのモデルじゃないですか?はっきり言って、ステンレスのデイトナよりもこっちの方がカッコいいと思うのですが、私の感覚がおかしいのでしょうか?確かに付ける人は選ぶモデルです。20代のサラリーマンがこれ付けていたら、ホストしているか、悪事に手を染めているって疑っちゃいますからね。でも、あやしい投資話を持ち掛けた奴ががこれを付けていたら、信じてしまうかも知れませんね。

ちなみに、ステンレスとゴールドのコンビはロレゾール(Rolesor)と言われています。ステンレスとプラチナのコンビはロレジウム(Rolesium)と呼ばれます。

制限中のおススメに挙げたので、地味なイメージを持たれがちですが、このモデルもデイトナなので当然人気は高く、かなりの幸運でないと正規店では入手できません。なお、定価は2,053,700円(税込)ですが、購入制限モデルのデイトナ(116500LN)の並行店価格(2021年5月時点で大体400万円位)よりも安いというのもある意味衝撃です。どうして、金とダイヤが入っている同モデルよりもステンレスモデルの方が高評価なのか?と。スタッフの話では、問合せ件数はステンレスモデルの方が高いが、入荷数は圧倒的に金無垢・コンビが少ないという事ですので、普通に考えたらステンレスモデルよりも希少価値があるとさても不思議ではないのですが、それでもこのような逆転現象が生じてしまうのも、ロレックスの面白いところですね。

ところで、コンビモデルの中でどうしてデイトナをイチオシするかですか?それは、以前所有していたことがあるからですよ。

引用元:価格ドットコム

また、ひそかな野望として、みなオジは(デイトナに限らず)ロレックスの金無垢モデルを手に入れたいと考えています。嵌めた時の重量感と輝きは、購入経験者曰く「衝撃的」だそうです。みなオジも年を取って、あまり衝撃を受ける事が無く(感受性が弱まっただけ?)なったので、ぜひそんな衝撃を味わってみたいです。

GMTマスターII 126715CHNR
GMTマスターⅡ(Ref.126715CHNR)
定価 4,050,200円(税込)

左はピンクゴールドのGMTマスターⅡです。日本人はイエローゴールドよりも肌なじみの良いピンクゴールドの方が好みらしいです。ちなみに、ロレックスはピンクゴールド(18K)の配合に特許を取っているようで、ロレックスのピンクゴールドは「エバーローズゴールド」という別名で呼ばれることも多いです。いずれにせよ、若者にはまだ早いモデル(←発言がジジイですな)という事で、中年オヤジになった特権として、金無垢モデルを付けるのもいいかもしれんせんね。

元所有者が語るデイトナの魅力

先ほど挙げた様に、みなオジは元デイトナオーナーです。デイトナは入手困難モデルの筆頭格なので、最近は転売に関する報道でデイトナの名前が悪目立ちしている状態ですが、人気が出たのにはそれなりの理由があるという事でここでは、「キングオブロレックス」の異名をとるコスモグラフデイトナの魅力を所有者目線で語りたいと思います。

デイトナ=クロノグラフ

デイトナと言えば、多くの人が「クロノグラフ」と答えるのではないでしょうか。クロノグラフとは文字盤の中に3つの小窓があるものです。機能としては、ストップウォッチ機能が知られており、モータースポーツやアスリートが愛用しています。また、ベゼル(風防の外周の輪っか)にはタキメーターが刻まれていて、それを利用すると1kmを何秒で走行したかによって、その区間の時速や平均速度を求めることができるのです。

色々なブランドからクロノグラフのモデルはリリースされています。
左上からデイトナ(ロレックス)、スピードマスター(オメガ)、モンブリラン(ブライトリング)、カレラ キャリバー18(タグホイヤー)

いや、でも俺レーサーじゃないし、そんな機能要らないんだよね、という人もいるでしょう(みなオジもその一人)が、心配なく。この機能使えば1時間当たりの作業量を計算することもできます。例えばある作業(封筒を折る作業にしましょうか)を開始するときに、スタートボタンを押してその作業を終えたところでストップボタンを押したときに。一番細長い針が、(左上のデイトナの)タキメータの6時方向である「120」を指してたら、その封筒は1時間に120枚作ることができる事になります。この様に、タキメータを使う事で、職人さんから内職の方まで大助かりな機能なのです。(余談ですが、左のタグホイヤーのメーターは、タキメーターではなく「テレメーター」(「速さ」ではなく、「距離」を測るメーター)ですね)

また、クロノグラフは実用面だけでなく、デザインという面でも完成された外観をもたらしました。多くのウォッチブランドが、クロノグラフのモデルをデザインするときは、デイトナを意識もしくはオマージュすると言われています。

高山質店】公式オンラインショップ【agnes b.】アニエスベー『クロノ ...
アニエス・ベー VD53-KJ100 定価30,000円くらい?

実はみなオジが大学に進学した時に買った(彼女に買ってもらったんだっけ?忘れた…)アニエスベーの腕時計も、クロノグラフのモデルでした(写真左)。当時はデイトナなんて知りませんでしたが、今思うとアニエスべーのクロノグラフは何となくデイトナをオマージュした様に伺えます。思えば、その当時アニエスべーを付けていた記憶が無意識に本家であるデイトナを引き寄せたのかも知れません。(多分違う)

デイトナと言えばモータースポーツ

現行のデイトナ(Ref. 116500LN)は2016年から展開されています。デイトナは1963年の発表当時は「コスモグラフ」という商品名でしたが、その後の1965年に「レーサーの聖地」アメリカフロリダ州デイトナにあやかり「デイトナ」の名が文字盤に刻印されました。(なお、「コスモグラフ」発表以前も、ロレックスはクロノグラフモデルを製造しています(古くは1930年くらいから)。)デイトナは、モータースポーツと切っても切れない間柄と言え、ロレックスは、1991年からデイトナ24時間レースのスポンサーとなり、2013年にはF1の公式時計を務めています。

デイトナと言えばポール・ニューマン

デイトナ ポールニューマン
2017年にポールニューマン実際に身に付けていたデイトナが
腕時計史上最高額の20億円で落札されました。

デイトナで有名なのは、アカデミー賞俳優で、ル・マン等のレーサーとしても活躍したポール・ニューマンが愛用したポール・ニューマンモデル(Ref.6262)です。(現在もヴィンテージ市場で数千万円~で取引されています)

機能面でも、2000年に自社で開発された自動巻きムーブメント(Cal.4130)を搭載しており、耐衝撃、耐磁性能も高く、まさに、スポーツモデルの頂点に立つ「キングオブロレックス」です。

次にデイトナを購入するとしたら?

メテオライトデイトナ(Ref.116519LN)
定価 3,606,900円(税込)

みなオジが一度は手放したデイトナですが、もし次に手に入れるなら…とよく妄想をしています。デイトナのラインナップは文字盤や素材、ベルト等のバリエーションから多岐に渡っています。どれも魅力的で「これが1番」と決め難いものがありますが、敢えて一つ挙げるなら、メテオライト文字盤結晶模様が特徴)のホワイトゴールドのケースに、オイスターフレックスブレスレット(ラバーブレス)のデイトナ(Ref.116519LN)です。何故か?理屈は無いです。ただカッコいい、直感で好きというだけです。これは2021年の新作発表でデイトナに加わったモデルとなります。このメテオライト文字盤には金無垢のモデルもありますが、メテオライト(隕石)の文字盤にはなぜか、ブラックラバーのブレスレットが最適解の様に感じます。

ロレックス以外の一獲千金モデル

転売ヤーが狙う一獲千金のモデルとしてデイトナの知名度がここ数年で有名になっていますが、実は値上がりしているのはロレックスだけではありません。他の名門ウォッチブランドにもデイトナに負けず劣らずのモデルがあるのです。ここでは、パテック・フィリップのノーチラスを紹介します。

パテック・フィリップ ノーチラス(5711/1A-010)

パテックフィリップ 人気
パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-010
定価 3,872,000円(税込)

スイスのメーカーのパテック・フィリップは世界3大時計の一つで、格式ではロレックスの様な後発ブランドよりも上の名門ブランドです。その中でも定番モデルは?と言えば、まず一番に「ノーチラス」を挙げなければならないでしょう。

基本的に、三大時計メーカーの顧客はローマ教皇や王族、貴族に向けられたものですので、鼻から我々の様な庶民の指向には向けられていません。そんなメーカーが、ラグジュアリー・スポーツというカテゴリーを発表したのは1970年頃。傷を気にせず、軽く、スポーティーに使えるステンレススチールを素材にしたこと自体、時計業界を震撼させた出来事だったようです。そんな、ラグスポの代表作と言えるのが2006年に誕生した「ノーチラス 5711/1A-010」で、今まさにデイトナを超える入手困難&異常な高値がついているのです。この5711/1A-010、当初は白文字盤と青文字盤のラインナップで展開していましたが、2021年に青文字盤が廃番となることが決まったらしいことから、並行店相場が恐ろしい値付けをするようになりました。

ちなみに、余談ですが、ノーチラスと言えば、2015年にバラエティー番組の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「買うシリーズ」でお笑い芸人のアンガールズ田中さんが438万円で購入した(させられた)腕時計として有名ですよね。購入したノーチラスは実際に愛用していたようで、のちのニュースで800万円に価値が高騰したことで更に話題になってましたね。(既に、ブランドオフにでも買い取ってもらったんでしょうか??)

田中卓志 アンガールズ 時計 パテック・フィリップノーチラス パワーリザーブ ムーンフェイズ とんねるずのみなさんのおかげでした 買うシリーズ
引用元:田中卓志インスタグラムより
「ノーチラス パワーリザーブ ムーンフェイズ(5712G)」は30周年記念モデル

人気の理由は、飽きの来ない落ち着いたデザインでありながら、水平のエンボス模様はパっと見パテックのそれと分かる点や、職人の技術力にに裏打ちされた機能性(コンパクトなケースに不釣り合いの防水性)と言われています。ゴツめの外観の腕時計が好きなみなオジは、正直そこまで好きなタイプではないのですが、高級時計市場(つまり金持ち)が世界的にで急速に拡大し続ける中で、年間の生産量が1,000本程度と供給が全く追いつかない点も、その人気にさらに拍車をかけている要因です。供給が少ないのは戦略的なものではなく、純粋に職人の手作業にこだわる部分が多く、生産が追い付かないという理由です。

ちょっと何言ってるか分かんない高騰です。
みんなは、デイトナマラソン辞めて、ノーチラスマラソンに移って欲しい。

実はこの値動きは、デイトナとは似ているようで似ていない理由があります。ノーチラスの高騰は、ある意味理由が明確です。それは、ノーチラスがディスコン(廃番)になる事から、もう新品は市場で手に入らないからです。(デイトナは、モデルチェンジに過ぎない)でも、不思議に思うのがブランドの看板モデルをどうして、簡単にディスコンできるのかという事です。

それは時計の老舗パテック・フィリップならではのジレンマがあるからかなと思います。つまり、「超」が付く程高級な腕時計メーカーの看板がいつの間にかステンレスモデルになってしまっているという危機感がある様に感じます。そもそも、ラグスポがもてはやされた理由というのが、これまでパテックのラインナップがゴールドやプラチナ、宝石をふんだんに使ったドレスウォッチだった超高級路線だったところに、貴族のスポーツシーンでも気楽に使えるラインナップを提供したところ、「一般人」(というには語弊がありますが)が購入できるモデルになってしまったという事です。要するに、腕時計に傷がつきやすいという悩みは、作業等で手を動かす労働者ならではの悩みであり、「労働者階級が手にするブランド」というイメージが付いてしまう事をメーカー側は恐れたというのが、大方の予想です(真相は分かりませんが)。

5711_1P_RVB
ノーチラス誕生40周年限定製作記念タイムピース/ノーチラス5711/1P

まあ、老舗には老舗の苦悩があるんですかね。ちなみに、ノーチラスのステンレスモデル以外は継続なのでご安心を(といっても手に入らないと思いますが)。参考までに、ノーチラス5711/1P 40周年プラチナモデルが1,360万円(税込)で発売(限定700本)されるそうです。

こう考えると、ブランドネームに劣るロレックスのステンレスモデルが100万円前後で手に入るというのは破格の安さと言え、並行価格の伸びしろはまだまだあるのだなという事を逆に確信てしまいました。(みなオジが、周囲を煽ってどうするんだ?)

アドセンスブログ用

スポンサーリンク



アドセンスブログ用

スポンサーリンク



-ロレックス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Cal.3235

ロレックスを購入後に知っておくべき事【基本編】【機能編】

ロレックスムーブメント

ロレックス相場が暴騰中

ロレックス相場よ、どこへ行く?

億越えのロレックスの出品も多い(写真はサザビーズのオークション会場) みなオジとロレックスとの出会い 久しぶりにブログを見た読者は、司法書士(法律)とお金と働き方のブログだったのが、約半分がロレックス …

ダブル購入

最近のマラソン事情(2021年上期振り返り)

皆さ~ん、今日も暑いですね。ランナーの方はなかなか買えないという精神的なストレスに加え、夏の厳しい日差しで肉体的にも過酷なマラソンを強いられているのではないでしょうか? 気になる戦果 みなオジは、今年 …

ノーチラス金無垢

女性に時計を贈りたいと思った時に読んで欲しい話

このトピックは、以前のブログである「女性受けするロレックスと女性が付けたいロレックス」と「結婚にお金を掛けなかった理由」の間のエピソードとなります。 「みな妻」の衝動 事の発端は、昨年末からスタートし …

ロレックス再値上げ(今年2回目)

久々のロレックスネタです。 まずは近況の報告ですが、正直なところ全く手応えはありません。おそらく私だけではないと思いますが、以前より更に絶望的な品薄感と競合相手の増加を感じているのではないでしょうか。 …

みなオジアバター

港区オジさん(みなオジ)です。
長い極貧オジさん生活を経て、いつの間にか小金持ちのアーリーリタイアオジさんにクラスチェンジしました!
投資家と司法書士の肩書を有する一方、妻の尻に敷かれるちょい駄目オジさんの異名も持つ。